花王のお役立ち情報
2016/02/16

あかちゃんの紫外線対策

6
1663 view

夏に向けてますます紫外線が
気になる季節。
あかちゃんのデリケートな
お肌を守るために、
上手な紫外線対策をご紹介します。

お子さんの紫外線対策は、
していますか?

お子さんの紫外線対策は、していますか?

再アンケート実施期間:2018年3月2日〜3月7日
回答者数:469人

ちょっとの油断が!
紫外線対策、うっかり失敗例

ベビーカーでケープをかけたのに
足先だけ出てて
バッチリそこだけ日焼け…

(s24julyさん)

自宅で昼寝をさせていたら、
時間が経つと太陽光が
当たる場所に!
気づかずに長時間、
寝かせてしまった。

(めぐーさん)

天気が悪かったので
日焼け止めを塗らなかったが、
急に天気が良くなり日焼けした!

(ぐぅちぇるさん)

紫外線対策を
したりしなかったりで、
子どもの顔に
そばかすができてしまった…

(ミッキー77777さん)

外出を控え、
ベビーカーには日が
あたらないようにしていたら、
ビタミンDが作られず
薬を服用することに。
紫外線もある程度は浴びる必要
がある
と初めて知りました。

(yua4yさん)

お子さんの紫外線対策を
しているママに
「ついうっかり」の声が
たくさんありました。

できるだけ
万全にしてあげたい
子どもの紫外線対策。
いつから必要?
どんなものを選んだら
いい?
」をご紹介します。
 

子ども時代こそ、
紫外線ケアが肝心

子ども時代こそ、紫外線ケアが肝心

気をつけて!

活発な細胞分裂

 

紫外線が肌に及ぼす有害な影響は、
大人も子どもも同じ。
とくに成長過程における
子どもの肌は
細胞分裂が盛んに行われているため、
紫外線で傷ついた遺伝子が
誤って修復される可能性が高い、
と考えられています。

いつから?

紫外線対策は
早ければ早いほどいい

 

人間は18歳までに
生涯で浴びる紫外線量の半分を
浴びてしまうといわれています。
つまり、紫外線対策は
太陽の下にいる時間が長い子どもの
頃から心がけるのがベストなのです。

ちなみに現在は、母子手帳にも
「日光浴」という言葉はなく、
代わりに「外気浴」という言葉で
戸外活動を奨励しています。

おすすめ!

まずは物理的に
紫外線をカット

 

大人の半分程度の厚さしかない
あかちゃんの皮膚は、
刺激に弱くとってもデリケート。
しかも生後2ヶ月過ぎると、
皮脂の量が急激に少なくなり、
乾燥しがちになります。

未成熟な皮膚を守るためには、
外出時にベビーカーの日よけや
帽子などで物理的に陽射しをカットし、
直射日光そのものは
避けるようにしましょう。

まずは物理的に紫外線をカット

あかちゃんの日焼け止め
選び方のポイント

肌にやさしいタイプの
日焼け止めを選ぶ

6カ月を過ぎて活発に動き回り、外が大好きになってくると、日光を避けたり帽子をかぶったりするようなケアだけでは、日焼け防止が難しくなります。
やはり、日焼け止めをぬってあげるのが安心です。ただ、あかちゃんの肌はカサカサしやすくデリケートなので、日焼け止めは肌にやさしいタイプを選ぶこと。

日焼け止めに配合されている紫外線防止剤の主成分が紫外線散乱剤(成分名:酸化チタン、酸化亜鉛など)で、皮膚への影響が少ないものを選びましょう。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤

紫外線防止剤には、成分そのものによる物理的な反射で紫外線の肌への侵入を防ぐ「紫外線散乱剤」と、皮膚の上で化学的な反応を起こして紫外線をカットする「紫外線吸収剤」があります。

紫外線散乱剤
紫外線吸収剤

生活シーンに合わせて日焼け止めを使い分ける

紫外線防止剤には、
その効果を表す指標
「SPF」と「PA」があります。
あかちゃんの外遊びなど、
日常生活での紫外線防止には
SPF10〜30程度、
PA+〜++で十分です。

生活シーンに合わせた紫外線防止剤の選び方

SPFとは

紫外線のうちUV-B (B波紫外線)を防ぐ効果の目安です。何もつけていないときに比べて、UV-Bを何倍防げるか(肌が赤くなるまでの時間を何倍にできるか)を表した数値です。

PAとは

紫外線のうち最も長い波長のUV-A (A波紫外線)を防ぐ効果の目安です。+が1〜4個で多いほど効果が高くなります。

日焼け止めの上手な使い方

塗り方のコツ

適量の日焼け止めを
あかちゃんの肌に数カ所おいて、
少しずつ、ムラのないように
やさしく塗り伸ばします。

顔 2、3本の指を使ってやさしくのばす
腕 くびれた部分も塗り忘れのないように

こんなところにも!

日焼け止めの
塗り忘れに注意!

 
日焼け止めの塗り忘れに注意!

こまめに塗り直しを!

一般的な日焼け止めは
汗や水で流れ落ちてしまいます。
とくにあかちゃんは、ヨダレや汗などで
顔や手足をふいてあげる機会も多いはず。

面倒でも、その都度きちんと塗り直しを。
顔を拭いたりしなければ、
2〜3時間を目安に塗り直します。

帰ったら洗って落とします

外から帰ったら、洗浄剤を使って
日焼け止めや汚れを洗い流しましょう。
その後は、クリームやローションで
保湿ケアを忘れずに。

※参考文献「紫外線Q&A お日さまと仲良くつきあう方法」
市橋正光…著 (株)シーエムシー出版

守ってあげたい
あかちゃんのお肌。
でも、日焼けを心配して
閉じこもるのではなく、
上手に紫外線対策をして、
外遊びを楽しませて
あげましょう。
 

より詳しい紫外線対策の方法は
こちらを見てね。

乾燥性敏感肌ナビ
読んだ感想、教えて!などコメント欄にお寄せください♪

※この記事内の製品パッケージは
すべて変更する可能性があります。

6件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください